マーケティング

売れるサイトのライティング基本構成

2013年4月12日  

1、キャッチコピー

  • 悩み、不満をそのまま書く
  • 問題が解決したときのイメージを表現する
  • 購入者が抱く感情を表現する
  • 具体的な数字を入れる

2、不安、不満のあぶり出し(共感)

お客様の抱いている不安、不満、痛みを相手の言葉で書き、リスト表示する

3、解決策の提示

この商品(当社)なら、その問題点を解決できる可能性をアピール

4、解決できる具体的な証拠の提示

なぜこの商品(当社)なら解決できるのかをビフォーアフターやグラフ、表を使って、効果や結果を具体的に証明していく。

5、買うことに正当性を与える

「この商品を買ってもいいんだろうか?」というお客様の悩みを解消する。

商品の必要性を説明し不安を取り購入への背中を押してあげる。さらなる不安の方には返金保証を付ける

6、限定性、緊急性

数量、期間限定など理由を具体的に説明し、限定性、緊急性を表現する。

7、連絡先、注文方法の明記

注文、問い合わせまでの流れをわかりやすく明記する

 

ネットのみのビジネスだと、AIDMA、AISAS、QUESTなどなど、ライティング方法はいろいろありますが、

リアルビジネスへの誘導は、上記の流れをもとにすれば十分。

さらに、反応をアップさせるには、

  • お客様の声(実践者の声)
  • 価格の掲載
  • 販売者、スタッフの写真とプロフィールの掲載

で、反応は劇的に変わります。